誰もが感じる不安や葛藤

医師としてストレートに道を歩んできたけれど、いざ初めての転職ということになれば、恐らく皆さんも緊張されるのではないかと思います。

実際に転職活動を行ってもうまく事が運ばないのではないか、落ちてしまったらどうしようなど、いざ大きな選択を行う時には誰だって心の中に様々な不安や葛藤を憶えるのではないかと思います。

そこで、今回は医師転職経験が初めての皆さまのために、どういったことに気をつけるべきなのか、成功させるためのポイントを要点をかいつまみながらお話していきたいと思います。



1. 自己分析を怠らない

まず重要なのが自己分析です。
転職に関しては必須というべき項目ですが、皆さんは何の為に自己分析が必要になるとお思いでしょうか。

これは端的に言えば、自分自身を見直すことによって短所や長所を洗い出し、転職先へのPRや、希望とする目的地を明確にするためのものです。

いざ考えてみると自分のウリが分からない、どのように転職をするばいいのかが分からないという場合も多いものです。

まず自分を客観的に分析すると、それらの問題がクリアになるでしょう。



2. 面接対策を事前に行う

当たり前の話ですが、もちろんこれも重要です。

面接対策というものは、一昼夜で行うものではありません。

自己分析をしっかりと行った上で、アピールポイントや弱点を洗い出し、希望とする転職先にはどのような売り込み方をすればいいのかをある程度の形にしていかなければなりません。
それと同時に面接時に確認しておきたい事も事前に考えておきましょう。



3. 情報収集を欠かさない

ここで言う情報収集とは、転職に関する多くの情報の全てを指します。

特に挙げるとすれば、医師転職に関する市場の動向が重要といえるでしょう。

医師の転職は地方や都市部、目的とする診療科目や医療機関の形態によって大きく事情が異なってきます。

こういった事に関する基礎知識や最新の情報をある程度頭に入れておかなければ、転職を成功させることは少し難しいでしょう。



4. 医師転職エージェントの活用

医師の転職は一人で行うよりも、エージェントを利用することをお勧めします。

というのも、上記3点に関するアドバイスをもらいながらも、ご自身に合わせた転職先を紹介してくださる可能性が高いからです。

特に転職初心者の方にはお勧めといえるでしょう。

なかなか自分一人では仕事を探すのにも時間がなく、また、どのように探せばいいのかなど、途方に暮れている方もいらっしゃいます。

このような時は不安にならず、一度エージェントに相談されてみてはいかがでしょうか。