面接が終った後のステップ

いざ面接を無事に終え、しばらくすればその後に合否が通知されることと思います。

もしそこで無事に転職先が決まったとすれば、その次に必要となるのが”前職における後始末”となってきます。

ここでいう後始末というのは、立つ鳥跡を濁さずというわけではありませんが、スマートに次の職場へと移って行く為に、今までお世話になった職場に対し、失礼のないようしっかりと仕事を終える準備を済ませておくことを指します。



  前職との関係性

折角新しい仕事が内定して、いついつから来て欲しいということになったとしても、前職を適当に放り投げて辞めるわけにはいきません。

そんなことをすれば、後々あなたの評判は知らぬうちに伝わっていくものなのです。

業界自体は広いようで狭い部分もあります。
そういった面では自分の評判についてもよからぬ噂等が立たぬように、しっかりと振る舞っておくことが重要です。

では、具体的にどのような処理を進めていけばいいのか、少し簡単にまとめてみたので、ご紹介しておきたいと思います。



1. 残務処理を済ませておきましょう

まず、当たり前かもしれませんが、前職における仕事で中途半端にしていたものがあったとすれば、それらはきっちりと終わらせておきましょう。

あなた自身がその仕事を中途半端に放り投げてしまうと、後々現場が混乱してしまいます。

自分がやっていた仕事があれば最後までやりとげておく、あるいは出来ないようなことがあったとすれば、それらは全てしっかりと後任となる方に引き継ぎをしておく必要があります。

残務処理を済ませると考えたときには、恐らく皆さんも処理するよりも引継業務の方にウェイトが置かれるかもしれません。

引き継ぎは最も重要ですので、しっかりとやっておきましょう。



2. 計画的に事を運びましょう

次の職場がスタートする時期と、今の職場を辞める時期とはしっかりと計算を事前に行っておかないと、いざ来週辞めるなんていうことはできません。

タイムスケジュールに関しては予めしっかりと予定を組んでおくことが大切です。

引き継ぎ含む業務をどの程度の期間で終わらせられるのか等、計画をもって行動しましょう。



3. 事前学習が功を奏します

次の職場に移るにあたり、もし事前に学習しておいた方がいいと思われるような事柄があれば、簡単にでもいいので勉強をしておいた方が、後々困ることがありません。

特に転科等をするのであれば、事前学習は功を奏すはずです。

医師転職にはつきものの問題ですので、しっかりと押さえておいてくださいね!