ストレスの個人差

ストレスを感じやすい人とは、一体どのような方を指すのか皆さんはご存じでしょうか。

例え同じ職場にいたとしても、ストレスを強く感じてしまい、仕事を辞めようとなってしまう方がいれば、その逆にそれほどのストレスを感じず、普通に過ごしている人もいます。

もちろん、同じ職場環境であったとしても、細かな対人関係や立場は違うでしょうから、全く同じストレスの強度ではありません。

しかし、実際にはある程度の差異がここに出てくるのです。

この感じ方の差異に関してはその人の”性格が影響している”とみられており、メランコリー親和型性格という呼び名もあります。
このようなストレスの個人差に関しては以前から様々な研究がなされていたということですね。

メランコリー親和型性格メランコリー親和型は内因性うつ病を誘発する病前性格であり、テレンバッハが提唱した学説である。几帳面、良心的、配慮できるといった特徴を持つうつ病の病前性格であり、自分の所属する「社会や集団での役割」に応えようとする中で、不調が生じうつ病を発症する。

引用:Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/うつ病)




  ストレスは耐えるものなのか!?

少し話はそれましたが、同じようなストレス下にいたとしても、人によってはとても辛く感じてしまう場合もあるということです。

つまり、他の人が頑張っているからといって、あなたまで無理をして耐える必要はないと言い換えることもできるでしょう。

そこで、今回は転職を考えた方がいい人の特徴について少しご紹介しておきたいと思います。



1. 過度のストレスを既に感じている

なんといっても、まず転職を先に勧めたいのがこのタイプです。

明らかに強いストレスを感じ続けている方。

まじめで仕事をきっちりこなそうと考える方がこのようなストレスを感じる事が多いとされており、自分では""大したことはない""と決めつけて、そのまま頑張ってしまいがちです。

しかし、このような方こそ真っ先に転職を考えた方がいいタイプだと言えるでしょう。

毎日仕事のことばかり考えてしまう。
プライベートが充実していないように感じるのならば、それは既にSOSサインです。



2. 過労が続いている

職場環境が悪く、過労が続いてしまう場合も、医師にとっては珍しくありません。

職場によっては当直が続いてなかなか休めなかったり、一回の勤務時間が非常に長く、長時間拘束が続くという話もよく聞きます。

しかし、これ自体は決して当たり前、一般的な就業条件とは言えません。

基本的に仕事というものは生活の為にあるものと考えられます。

仕事によって生活が切り崩されるようなことがあるのだとすれば、それは転職の決め時かもしれません。

医師転職を検討するみなさまは、様々な事情によって限界寸前となっている場合も少なくありません。

ぜひ、相談等は早めに済まされるのが良いでしょう。