面接が最終的に明暗を分ける

医師転職をバッチリ決めようと思えば、最終的に立ちはだかる壁は”面接一本”と言えるかもしれません。

多くの場合、基本的な情報は履歴書なりスキルシートなりで事前に確認されているもの、とすれば何が最終的に明暗を分けるのか、それは面接ということになります。

こう言えば多くの方は更に緊張を覚えてしまうかもしれませんが、逆に言えば”本来なら通ることが難しい”とされるような人であったとしても、通りぬけることができる可能性も同時に出てくるということです。

更に言えば、基本となる以下3つのポイントをしっかりと押さえて頂ければ、まず通る可能性は大きく上昇するでしょう。
少し当たり前すぎる内容かもしれませんが、ぜひ一度チェックしてみてください。



1. 言葉遣いと身だしなみが物を言う

皆さんは人が人の好き嫌いや良し悪しを判断するために必要としている情報というのは、一体どのようなものだと思われますか?
答えは第一印象です。

これについては様々な角度から現代におけるまで検証されてきましたが、どのようなものであっても一致した答えが導き出されています。

つまり、第一印象を良くしなければ、ほとんど通らないと思ってもいいかもしれません。

具体的には、まず身だしなみです。
清潔感のある服装、髪形にしておくこと。

ヒゲなどは伸ばさず、手入れをしておくことが重要です。

小奇麗な雰囲気を出していくつもりで、コーディネートを押さえていくといいでしょう。

また、言葉遣いは印象を大きく左右します。

丁寧語で、はっきりと物を話すのが好印象です。
自身がなくてもハキハキと。



2. コミュニケーション力は重宝されるスキル

これは面接で必ずみられています。

他の人とうまく馴染めそうか、問題を起こさずスマートな連携をとれそうかなど、相手の一挙手一投足から面接においては判断されていると言えるでしょう。

ここでは自らがコミュニケーションスキルについて過去の体験を引き合いに出すなど、アピールをすることも大切です。

また、自分語りにならないよう、客観的評価ではどうなのか、というポイントも押さえておくと良いでしょう。

3. 職務経歴書と履歴書ではわからない人柄

これが最後の決め手になります。
書類では分からない人柄、つまり個性です。
これはできるだけ自信をもって色々を話をされるのがいいでしょう。

通り一辺倒な感じよりも、うまく協調性があることを出しながら、自分という人間をアピールしていくのが良いと思われます。

また、相手がどのような性格の人材を欲しているのかを見抜ければ、言うことはありません。