面接の事前準備をしよう

医師転職の面接に備えておくべきがことあるとすれば、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。

いい転職を行うためには、面接の際にあらゆる事態を想定し、事前にしっかりと準備を整えておくことがとても大切です。

自分自身にとって納得のいく転職であることが、ご自身にとって良いことであると思いますが、そのような選択を行うためには実際の面接に辿り着く前に、様々なポイントについて備えておく必要があるのです。

そこで、今回は面接前に備えるべき幾つかのポイントについてお話をしておきたいと思います。



1. 勤務条件や待遇をしっかりと確認しておく

まず始めに確認しておきたいのがこれ、勤務条件や待遇についてです。
こう言われれば何を今更と思われるかもしれませんが、実は意外とこの勤務条件について、しっかりと納得がいくまで確認を行っていない方がいらっしゃいます。

主に待遇の方に意識が向いていて、実際にそこで勤め出してみると、何かが違う…というように感じることも多いのです。

実際に勤めることになる勤務先の場所、自宅からそこまでの交通経路、どれぐらいの時間が毎日必要になるのか。

日々の勤務時間や残業の見込みとなる時間はどの程度となるのか。

休日はどの程度とることが可能かなど、当たり前のことを当たり前とせず、具体的なイメージとしてしっかりと持っておけば、ミスマッチを防ぐことができます。

なんとなく斜め読みのような感覚で流しがちですが、一つ一つの諸条件や待遇について、しっかりと目を通しておきましょう。

後から”金額が想定と違っていた”なんてことになれば、全く目も当てられません。



2. 自分の意向はしっかりと定まっているか

そもそも、あなた自身が決めるであろう仕事先について、まず納得がいっているのかというのも大切です。

例えば、先にあげたような勤務条件については問題がない、待遇についても特に差し当たって不満があるわけでもないとなれば、そこでもいいんじゃないかという話になりますが、実際に転職する際にそれだけで決めることは少ないと思います。

どういった職場で、どのような部分を実際に受け持つのか、将来的にはどうなのか、そういった部分までを加味してみたときに、果たして本当にあなたはそこで働くことに納得がいっているのか、気持ちとしてはどうなのかということを再度認識しておくことが大切です。

諸条件だけで決めることは、後々の後悔を招きかねません。