転職したいという決意

転職したいという想いが募る時期というのは、どのような方であっても一度は人生の中で経験をされたことがあるのではないでしょうか。

一般的な職種に就かれているサラリーマンの皆さんは当然のこと、医師のみなさまも恐らく同じような想いを抱えていらっしゃる方が多いのではないかと思います。

こういうのは不思議なもので、いざ一度”転職したい、辞めたい”という気持ちが強くなってくると、どうしても元の状態に戻ることは難しく、その時の気持ちといいますか、勢いに乗って転職活動を始められるのではないでしょうか。




  勢いで転職活動を進めてしまう前に

でも、ちょっと待ってください。

確かに転職することで、今よりもよりよい環境に身を置けるのならばそれはそれで問題ないでしょう。

でも、あまりにもその場の勢いで話を進めてしまうと、場合によっては後ほど後悔してしまうこともあるのです。

そこで、今回は勢いで焦って転職活動を進めてしまう前に、気を付けてほしいポイントについてお話をしておきたいと思います。




1. 明確な転職理由があるか、思い浮かべてみましょう

まず最初に行って頂きたいのがコレです。

転職をしたいという気持ちばかりが先立ってしまい、中には”明確な転職理由”が見当たらないという場合もあります。

”なんとなく”転職したいという気持ちで転職活動を行っていると、思いのほか事がスムーズに動かなかったり、転職後になってから”やっぱり前の職場の方がよかった”となってしまうことも出てきます。

そのため、あらかじめハッキリした理由があるかどうかを自分の胸に聞いてみることをお勧めします。

こうやって聞かれると、なんとなく出てくるような出てこないようなモヤモヤされる方も多いもの、具体的に出てこない内はまだ時期尚早なのかもしれません。

医師転職は非常にデリケートな所がありますので、何事も明快にしておいた方がいいでしょう。



2. 今の職場にどんな不満がありますか?

明確な転職理由が挙がらなかったとして、では一体今の職場にどのような不満があるのかを何かに書き出してみたりするのもいいでしょう。

転職したい理由がもし見つからなかったとしても、どんな不満があるのかをまとめてしまえば、何故転職したいと思ったのかをしっかりと詰めていくこともできます。

いずれにしても医師転職に成功するコツとしてはあなた自身が何故転職をしたいと思ったのか、その点がハッキリを分かるように、面接前にもう一度理由についてしっかりと考えてみるのがよいと思われます。

ぜひ注意をしておいてくださいね。